スカイリム(Switch) 初心者プレイ日記(104)仲間を大切に!アルフタンド攻略 後編

こんにちは、きーたーです!

スカイリム(Skyrim)初心者が、事前情報ほとんど無しに攻略を見ずに感想を述べながら初見プレイしていきます(ニンテンドースイッチ版)。

今回は第104回です。

第1回はこちら!

第1回~第100回リンクまとめはこちら!

スカイリム・カテゴリーページはこちら!

Twitterはこちら!

今回はアルフタンド攻略の後編です。



アルフタンド攻略3

前回はアルフタンドでいろんな人が死んでるのを見ました。

第103回「イケないクスリは恐い!アルフタンド攻略 前編」

今回は続きをやっていきますよ!

じゃ、おなじみの細くて手すりのない道を進んでいきましょうか。

どんどん地下に潜っていきますね。そういえばセプティマス・シグナスも深遠とか暗闇の底とか言ってました。

第102「久々のヤバい奴登場!セプティマス・シグナスとの会話」を参照。

なんかピストンみたいなのが横から飛び出てきますね。これに当たったら奈落の底に落ちちゃうってことなんでしょうか。

ファルメル登場!

ほんとこいつらどこからわいてくるんだろうな。

なんかやたらと麻痺が発動したので簡単に倒せました。

弓を撃ってくるファルメルも登場。厄介だなー。

なぜかスキーヴァーも出てきた!

これは演出のために登場してるんでしょうか。

めっちゃ火柱が出てますね。

でもダメージを気にせず突っ切ります。楽だわー。

ファルメルがうじゃうじゃ出てくるようになりました。ゴールに近づいてきてるってことなのか?

そおい!!!

錬金台がありました。素材もいろいろ落ちてますね。

さ、そろそろゴールが近い気がしてきましたよ。

またファルメルですね。

このそれほど強い防具を装備してないファルメルは今ではザコですね。簡単に倒せる。重装みたいなファルメルは結構強いけど。

このファルメルこっちに気付いてないwww

馬鹿めwwww

ファルメルの宝箱にも鍵がかかってますね。開錠スキル上がりまくり。

中身はショボかったけど開錠スキルは63まで上がった。

素材がいっぱい置いてある棚がありましたね。ファルメルたちも錬金するんだろうか。

じゃあ進んでいきましょう。

ジェナッサが奮闘してる。しばらく従者無しでプレイしてないけどやっぱ一人だとキツいんだろうか。

なんかレバーがありましたね。これはエレベーターでしょう。ショートカットして戻れるのかな?

ちょっと行ってみましょうか。

エレベーターを使ってからちょっと進んだらレバーがあって、それを使うと鉄格子が開くので入口近くまでショートカットできます。

ショートカットがあるっていうことはゴールが近いのか?

なんかヴァリエという人が死んでました。あのエンドラストの手記にはこの人の名前はなかったですね。どういうことなんだろう。いろんな人たちが別々にここに冒険に来てるってこと?

じゃ、また下向かって進んでいきましょうか。どこまで深いんだろう。

このファルメルは結構強いので丁寧に倒します。

フロストバイトもいましたね。

ふう。これで全部倒したかな?

スカイリムで一番やっかいなザコってどの種族なんでしょうね。敵のレベルがコロコロ変わるのでよくわからない。

扉があったんで開けましょう。

お、でっかい扉があるっぽい。

なんかあからさまな罠がある……。

紐を切ってみたら作動しました。この爪みたいな奴はファルメルが仕掛けたっぽい雰囲気がありますね。

アルフタンド大聖堂というとことに来ました。中に入ってみましょう。



アルフタンド攻略4

こんな感じの場所に出ました。

うわ!罠をくらった!

天井から柵みたいなのが振り子のように下りてきましたね。この罠は初めて見るタイプだ。

敵が徐々に強くなってる気がするな。ファルメル・シャドウマスターは手ごわい。

撃破!

お、なんか広いところに出そうですね。

なんかいかにもゴールっぽいところですわ。大きな空洞の中に、鉄格子で閉ざされた建造物がありますね。

シャウラスがいました!

ここにいたのか!

そこらへんにいるファルメルも全員倒しておきましょう。

シャウラスの卵がいっぱいありますね。ウハウハです。

こんな宝箱がありました。まあまあ良いですね。

鉄格子の向かいの階段を上がった先にあったレバーを作動させたら正面の鉄格子が開きました。

早速中に入ってみましょう。

石段を上がって行けばいいんですね。

あああ!!!

センチュリオンだ!!

あいかわらず怖い!!

でも今の僕の敵ではない!!!

極大魂石ごっつぁんでーすwwww

なんかボウガンみたいなのが設置されてますね。罠なのか?

こんな宝箱がありました。中身はなかなかグッド。

門があったんで開けてみましょう。奥に矢印表示が見えます。

ウマナ「スラ、速く逃げましょう。もう人が死ぬのはたくさんよ」

声が聞こえました。ウマナとスラっていうのはエンドラストの手記に書いてた人たちですね。

スラ「もちろん消えてほしいと思ってるだろうな。俺が背中を向けるのを待ってるんだろ。そうすりゃ、手柄はみんなお前のもんだ!」

なんか仲間割れしてますね。

冷静にたいまつで照らしてくれてるジェナッサがシュールw

あ、なんか襲ってきた!

なんなのもう!

スラは帝国軍の装備だったみたい。じゃあセプティマスの言ってた帝国の奴らってこいつらのことだったのか?

ウマナも倒ししましょう。

ウマナは「血まみれの盾」っていうのを持ってました。シールドバッシュで3ポイントの出血ダメージを与えるらしい。僕はごり押しプレイなので盾をあんまり使わないんですよね。だからバッシュもほとんど使ったことない。

報酬の宝箱がありました。もうそろそろ持ち物がいっぱいです。

このドワーフの仕掛けを作動させればいいのか?

下に階段が現れた!

降りてみましょう。

ブラックリーチへ通じる扉が!!

長かったなー。



まとめ

今日はここまで!

今回はアルフタンドをクリアしました。

このダンジョンは長かったです。多分今までやったダンジョンの中で一番長かったんじゃないかな。でもここで起こったことがイマイチよくわからないんですよね。

まず研究員っていうのがいたはずですよね。それがヴァリエでしょうか?あとジダールとジェイ・ザールの兄弟。それとエンドラストとヤグとスラとウマナたち。

この人たちはそれぞれ別の思惑でここに来たってことなんでしょうか。うーむ。

よくわからないですが、次回はブラックリーチへ行きたいと思います。

それではまた次回!

次回 第105回「なんか凄い機械作動!ムザークの塔」

前回 第103回「イケないクスリは恐い!アルフタンド攻略 前編」

第1回 「オープニングからすごいことに…」

第1回~第100回リンクまとめはこちら!

スカイリム・カテゴリーページはこちら!

Twitterはこちら!