【Switch】スカイリム 初心者プレイ日記(93)少しだけ丸腰でプレイw少しの間だけねw

こんにちは、きーたーです!

スカイリム初心者が、事前情報ほとんど無しに攻略を見ずに感想を述べながら初見プレイしていきます(ニンテンドースイッチ版)。

今回は第93回です。

第1回はこちら!

第1回~第100回リンクまとめはこちら!

スカイリム・カテゴリーページはこちら!

Twitterはこちら!

今回はサルモール大使館に行くために七転八倒します。



サルモール大使館へ入る方法

前回はまったりと冒険などをしました。

第92回「黄色いハンカチを… ディベラの印他」

今回はメインクエストを進めるためにまずはデルフィンに会いたいと思います。

第77回「まさかこの人が…。ドラゴンの古墳へ!」を参照。

リバーウッドに行く途中にイヌを発見しました。村とか要塞の外にいるイヌは初めて見ましたね。

狩人が採掘してました。この人の犬なんですね。

リバーウッドの宿屋に行ったらデルフィンがいました。何か考えがある模様。

デルフィン「サルモール大使館に入り込む方法を見つけたわ」

お、クエストが進むようですね。

デルフィンは目立つので顔を知られていない僕が潜入するということになるらしい。

「サルモール大使エレンウェンは、定期的に晩餐会を主催してるわ。金と人脈がサルモールにすり寄る機会よ」

なるほど。権力者が考えそうなことですわな。

僕がその晩餐会に紛れ込み、そこから抜け出してから機密書類を探し出すという算段とのこと。

おっけーでーす。

大使館内にはマルボーンというこちらのスパイがいるとのこと。サルモールを心底嫌っているとのことですが、何が理由なんですかね。

ソリチュードのウィンキング・スキーヴァーでマルボーンと会えばいいらしい。宿屋ですね。

その間にデルフィンは晩餐会への招待状を用意しておくとのこと。

ソリチュードの宿屋でマルボーンと会ってから、ソリチュードの馬屋でデルフィンと会えばいいんですね。わかりました。

「マルボーンのことは心配いらないわ。彼はあなたのように強面ではないけれど、私と同じでサルモールを心底嫌ってる」

僕って強面だったんですかw

まあボーズのムキムキマッチョマンですしね。

マルボーンはサルモールに家族を皆殺しにされたらしい。そりゃ恨んで当然だわ。

サルモールはマルボーンの正体を知らないとのこと。知ってて泳がせてるっていう可能性はないんですかね?

晩餐会から抜け出したらマルボーンから方向を教えてもらい、エレンウェンの執務室に行って機密書類を探せばいいらしい。

おっけーでーす!

じゃあ、ソリチュードの宿屋に行きましょうか!

マルボーンがいました。

「何?彼女がお前を?彼女を信じるしかないな」

初対面なので信頼されてないですね。信頼は積み上げていくしかないのだ!

大使館には何も持ち込めないらしい。だからあらかじめマルボーンに持ち物を預けて、それを密かに大使館内に持って行ってもらうとのこと。なるほど。

「本当に生きて脱出したければ、静かに移動し、素早く殺すための物がいいとだけ言っておこう」

どうやら戦闘があるみたいですね。ってことは、装備とかを預けておかなきゃいけないってことか。

じゃあ早速預けましょうか。まずドラゴンの骨の剣とか弓とかの武器。

黒檀の装備とかも片っ端から預けちゃいましょう。

あと回復薬も預けた方が良さそうですね。敵がどれくらい強いかわからないですから。

じゃあ早速デルフィンのところへ行きますか!

マルボーン「スパイだと悟られずにパーティーへと潜り込むのがお前の仕事だ。あとの事は任せてくれ」

声でかい!声でかいよマルボーン!

デルフィンはソリチュードの馬屋にいると言ってましたね。じゃあソリチュードからいったん出ましょうか。

裸でうろつくムキムキマッチョマンw

めちゃめちゃ不審なんですがw

まあデルフィンに会ってクエストを進行させるまでの間の短い時間だけですからねw



よし!晩餐会にい……

お、馬屋にデルフィンがいました。来ましたよー。

デルフィン「大使館に持ち込みたい装備はマルボーンに渡しておいた?」

ええ、見ての通りw

招待状を手に入れたとのこと。偽造したのかな?

「警備を通り抜けるには、あなたが招待客だと信じ込ませる必要があるわ」

「つまり、それらしい格好をしてなきゃだめってこと。完全武装は無理よ。さあこれは身につけて」

お、ここで服を貰えるわけですね。なるほど。

「準備ができたら、あなたが戻るまでその他の装備は預かるわ」

パーティの服を着ればいいと。じゃあ着ようかなあと。

デルフィン「気をつけて!」

え?

ちょっと待って。

まさか……。

ドラゴンだ!

このタイミングでドラゴンはヤバすぎ!

とりあえず逃げよう!

何も装備がないから一瞬で死ぬわ!

裸で逃げるドヴァキン……。

どうしよう……。

BGMが落ち着いたのでとりあえずカトラ農場に高速移動で戻ってみましょうか。

衛兵「ドラゴンめ、くらえ!」

ダメだ!やっぱまだドラゴンがいる!

待機して時間を進ませてみましょうか……。それでドラゴンが消えてくれれば……。

カトラ「もうたくさんだ!」

ダメだ!時間経過が足りないのか!?

もっと時間を経過させまくろう!

おおお!?

戻ってきてみたらドラゴンの骨がありました!衛兵とかが倒したのかな?

いや、待てよ……。

なんで最初から骨なんだ……?吸収してないよね?

でも一応ドラゴンソウルは吸収できました。あと「ブラッド・ドラゴン」って書いてますね。さっき襲ってきたのは「崇拝されしドラゴン」だった気が……。

うわああああ!!

やっぱり来た!!

崇拝されしドラゴンだ!!

もう何回ドラゴンから逃げてるだろう……。もう嫌だ……。

うわあ……。なんか追ってきてるし……。

カトラ農場に戻ったらさっきのドラゴンの骨に肉体が戻ってました。これバグだよね?

くそおおお!!

こうなったら戦うしかねえ!!!

ドラゴンがソリチュードの門あたりに飛んでいった!

でもどうやって倒そう!?

おお!?そこらへんの人がドラゴンに立ち向かっていく!

ドラゴンのHPも意外と減ってますね。

よし、みんながんばれ!がんばってドラゴンの体力減らして!

ジェナッサがめっちゃ奮闘してる!これいけるかも!

ブレスをまともに食らうジェナッサ。このドラゴンのブレスめっちゃ強いんだよね……。

やべっ!

仲間が全滅した!

あちぃぃぃぃぃ!!!

こっちくんなよ!!!

誰か!!もっと誰かいないのか!?

誰か僕のおとりになってよ!!

回復が!回復が追い付かない!!

ああああああああああああ!!!!

死んだ……。

もう少しだったのに……。

でも要領は掴んだからもう一回トライだ!

次はもっと慎重にやるぞ!!

よっしゃ!!

もう少しで倒せるところまで追い詰めたぞ(みんなが)!

衛兵の死体から装備をもらって僕も戦闘に加わります!

覚悟しろドラゴン!今の僕は一応装備を持ってるからな!

どりゃあああああ!!!

食らえええええええ!!!

やったあああああああ!!!!

長かった……。

でも激戦を制したぞ。この達成感はヤバいな。



よし、一件落着!

ガイマンド「失礼、防具を捨てるところを見かけたもので。頂いても構いませんか?」

衛兵の装備を捨てたらこんなことを言ってくる人がいました。死体から勝手にはぎ取ったもので良ければ……。

じゃ、パーティの服に着替えて晩餐会に行きましょうか。

デルフィン「大使館行きの馬車に乗る準備はできた?」

あ、馬車で行くんですね。

いやー、普通はこのクエスト進めるのにこんなに苦労することはないと思うんですが、がんばっただけに感慨もひとしおですね。

じゃ、大使館へ行きますか!

デルフィン「気をつけて!」

え?

ちょ……ちょちょちょちょ

ちょっと待って!?

まだドラゴンだああああ!!!!!

嘘だろ!?

ついさっき来たばっかじゃん!!!

もう許さねえぞ!!!!

鍛冶で防具を作ってやる!!!

フハハハハハハwwwww

デイドラの完全装備を作ってやったぞwwww

強化も全部伝説的にしてやるわwwww

ヒャッハーwwww

これで絶対負けることはないもんねwww

かかってこいドラゴンwww

これで負けたらアホだわwww

負けたンゴー!

完全に油断してた……。

そういえばブレス対策の付呪をつけてないんだった……。

今度こそ倒してやる!

かかってこいやあ!

預けてない回復薬がちょっとだけあった……。これでしのげるか……?

くらえええええええ!!!

やったあああああああ!!!

勝ったぞおおおお!!!!

早く……早くクエストを進めないと……!

!?

子供が……死んでる……?

そんな馬鹿な……。スカイリムって子供でも容赦なく死ぬの……?

かわいそうに……。ドラゴンめ……!

「他の人と話した方がいいよ」

生きとったんかワレ!

なんでこんなとこで寝てんの!?

この子は孤児で、馬の番をするために馬と一緒に寝てるとのこと。

かわいそうだけど……養子は2人までしかとれないんだよな……ごめんな……。

っていうか急がないと!!

またドラゴン来るから!またドラゴン来るから!

デルフィン!早く!

よっしゃ!

クエスト進行!!!



まとめ

今日はここまで!

今回は晩餐会に行くだけのことにかなり時間を使いました。ドラゴンがトラウマになる……。

あのタイミングで2回もドラゴンが邪魔をしてくるって普通あるんですかね?もしかしてよくある現象なんでしょうか?ちょうど装備を持ってないタイミングで襲うというドラゴンの策略か……。

でもスカイリムってこういう予想外のドラマが生まれるから面白いですよね。ほんと神ゲー。

次回はサルモール大使館の晩餐会に潜り込みます。

それではまた次回!

次回 第94回「酔っ払いは頼もしい!サルモール大使館」

前回 第92回「黄色いハンカチを… ディベラの印他」

第1回 「オープニングからすごいことに…」

第1回~第100回リンクまとめはこちら!

スカイリム・カテゴリーページはこちら!

Twitterはこちら!