【Switch】スカイリム 初心者プレイ日記(69)働く王様!ドルアダッチ要塞他

こんにちは、きーたーです!

スカイリム初心者が、事前情報ほとんど無しに攻略を見ずに感想を述べながら初見プレイしていきます(ニンテンドースイッチ版)。

今回は第69回です。

第1回はこちら!

第1回~第100回リンクまとめはこちら!

スカイリム・カテゴリーページはこちら!

Twitterはこちら!

今回はマルカルスから北の方に冒険して行きます。いくつかのダンジョンにも入ります。



ブルカズリーフ要塞

前回はブロークン・タワー要塞を攻略しました。

第68回「甘い背徳感… ブロークン・タワー要塞攻略!」

今回はマルカルスから北上していきたいと思います。

じゃあレッツ・ゴー!

ライアーの隠居所っていうのを発見しましたが、まだ行かない方がいいダンジョンかもしれないのでスルーします。バグが恐いんですよねー。

リーチ・ストームクロークの野営地を発見しました。

帝国軍とストームクロークの野営地って各地に点在してますけど、なにか意味はあるんでしょうか。専用のイベントとかあるのかな?

川みたいなのがあったので泳いで渡ります。

ブルカズリープ要塞というのを発見しました。なんかのクエストで訪れる予定だった気がするんですがなんだったかな……。まあクリアすればわかるでしょ!

ここらへんの敵はだいたいフォースウォーンなんでしょうね。

じゃ、早速中に入りましょう。

中はこんな感じか。要塞と言うか洞窟っぽいけどね。

なんか下の方に敵がいるのが見えますね。

横の穴から進んで行きましょうか。

ジェナッサが戦ってますね。細い路地だから僕は手を出しにくいですね。ジェナッサに攻撃が当たったら殺してしまいますから。

お、さらに敵が来たぞ。

ぐわあああ!!!

死んだ……。

あいつボスですね。まさかこんなに早くボスが出てくるとは思わなかったので油断してました。

よっしゃ、再トライ!!

やっぱ魔法使いは天敵ですわ!

めっちゃダメージ受ける。相手に近づいていくまでにゴッソリ魔法でダメージを受けちゃいますねえ。

しかもこいつ硬い!

なかなか強いボスだな。

うわあああああ!!!

首が飛んだでござる……。グロいでござる……。

碧水晶系の武器って結構高値で売れますよね。

付呪スキルが上がる本が置いてありました。

クリア報酬の宝箱はこんな感じですね。

ああ、鍛冶の巨匠の指ってダシュニク・ヤルで取ってこいって言われてたやつですね。あのクエストのダンジョンだったのか。

第49回「フォースウォーンを成敗!コルスケッガー鉱山攻略!」を参照。

じゃあダシュニク・ヤルに行きましょうか。

お、僕はオークの親族になれたようです。親族っていうのはこの人たちにとっての最高の友好の証なんでしょうね。

この要塞で買い物したり訓練できるらしいですが、すでに別のクエストのおかげでできるようになってるんですよね……。

第51回「フィアンセと愛の再開♡ ウィッチミスト・グローブ他」を参照。

じゃあまた冒険を再開しましょうか。

……ん?

またカルト教団の信者たちですね。僕が偽のドラゴンボーンだと信じ込んでる人たち。

第45回「師匠オナシャス!ハイ・フロスガー他」を参照。

こいつら魔法使うから体力削られる!

結構厄介だなぁ。

遠くから魔法で攻撃してくる奴が一番怖いんですよね。近づいていく間に魔法でボコボコにされるから。

巻物を持ってた。巻物っていつ使うんですかね?僕は売る用としか考えてないですけども。

って今度はドラゴン登場!

矢継ぎ早だな!

適当に倒しまーす!

ドラゴンソウル吸収!



ドルアダッチ要塞

わあ、すごい滝があるなあ。

あ!フォースウォーンだ!

あれ?攻撃しないでそっぽを向いちゃいましたね。

ドルアダッチ要塞発見。

ここって確かマルカルスの首長のイグマンドに敵をせん滅してこいって言われたところですよね。

「リーチを再び我らの手に」

なんかスローガンみたいなことを叫ぶだけで何もしてこないフォースウォーン。

この人も攻撃してこないですね。おんなじことを言うだけ。

中に入るとオドヴァンという人が。

!?

ボルクル!?ボルクルじゃん!!

元気してた!?

第55回「最高のハッピーエンド!マルカルスの陰謀を解決!」を参照。

マダナック「おお、シドナ鉱山の友よ。やあ」

あ、マダナックもいました。ってことは、マルカルスの監獄から脱出した後にここに潜伏してたってことですね。僕は仲間だと認識されてるのでこの要塞では誰も襲ってこないと。

マダナック「自由を手に入れる。いつの日か」

この人たちを殺さないとマルカルスで家を買ったり従士になったりできないんですかね……。

でも一緒に脱獄した仲間だし、マルカルスの奴らは好きになれないしなあ……。

マダナックは王なのに自らこんな重そうな石臼をひいて働いてる。いつかリーチを取り戻すのを夢見て。この姿を見て裏切るってのは僕にはできそうもない。

まあさっきから大量にフォースウォーンをぶっ殺しておいてなんですがwww

みんな目標のためにがんばってるんだなあ。

じゃ、ここはスルーして進みましょうか。マルカルスの従士になるのは諦めよう。

ダークフォール洞窟というのもありましたが、これもスルーします。クエストが始まる前にやってバグりたくないので。

にゃんこが襲ってきたよ☆

モル・カズグールというのを発見しました。

ここもオークの要塞ですね。ダシュニク・ヤルとは関係ないんでしょうか?

お、100ゴールドで殴り合いができるっぽいですね。

っていうかこの人族長だわ。ララックというのか。

よし!相手にとって不足なし!

勝負だ!!

って弱っwww

この族長弱すぎなんですけどwww

ララック「オークの族長である私に勝ったのだ。見事なものだ」

ファーwwww

普通に買い物できますね。ダシュニク・ヤルだけじゃなくて別のオークの要塞でも客として受け入れられるようになってるんでしょうか。



ディープウッド要塞

さらに冒険を進めて行くとフォースウォーンを発見。倒しておきましょう。

うりゃああああ!!!

ディープウッド要塞を発見。ここはリスベットの積み荷を取り返すクエストのダンジョンですね。

第31回「マルカルス探索その2」を参照。

見張りがいますねえ。

適当に倒しましょう。

じゃ、中に入ります。

中はこんな感じ。

要塞の内部なのにめっちゃ凍り付いてるんですけど……。要塞として役に立つんですかね……。

ところどころ出てくるフォースウォーンを倒しておきます。

要塞というか墓地っぽい感じはしますけどね。

あそこから弓を撃ってくるやつがいる。厄介だな。

あ、お馴染みの罠がありました。左右に刃が行き来するやつ。

旋風の疾走でつっきります!

待ち構えていたフォースウォーンを撃破。

難易度達人の扉がありました。

盗賊の腕が鳴るぜ!

第60回「最低だ…俺って…。盗賊ギルドへ加入!?」を参照。

やっぱピックをかなり使うなあ。

よっしゃ!!開いた!!

ここに罠がありますね……。スイッチを踏まないように慎重に進みます。

敵がいました。倒しておきましょう。

さっき分かれ道があったんですが、こっちが正解ルートっぽいので戻ってそっちを探索することにします。

お、召喚魔法を使う敵がいます。

がんばれジェナッサーww

この野郎!

僕はマダナックの友達なんだぞ!もっと丁重に扱えよ!

よし、倒した。

あれ、やけに強いと思ったらこいつ鍵を持ってましたね……。

ってことはさっきの達人の扉はこれで開ければよかったのか……。まあ開錠スキルが上がったのでよかったですが。

こんな手紙が置いてありました。

アラリックという人の手紙らしいですが、内容がよくわかりません。差出人もフォースウォーンっぽいですが、戦い方の意見の違いを述べてるように見えますね。まあ重要な情報ではないでしょう。

じゃあ、さっき行きかけていた方向に進んでいきますか!

ぬわあああああ!!!

罠忘れてた!!!!

ディープウッド谷というところに出るらしい。なんだろう。

なんか外に出ましたね。奥に建造物がある。

敵がいるっぽい。

またフォースウォーンですね。蹴散らしていきましょう!

うりゃ!!

うりゃあああ!!!

僕はどっちかっていうとフォースウォーンの味方なんだけど!!

お前らが襲ってくるから仕方なく殺してるんだからね!

リスベットの積み荷がありました。マルカルスに戻りましょうか。

リスベットから1000ゴールドをゲット。これはオイシイ!

ただいまルシア!

アメジストをくれたけど、よく宝石なんか見つけてきたな……。



まとめ

今日はここまで!

今回はマルカルスから北上していろんなダンジョンをやりました。思ったより結構回れましたね。

マダナックと再会したのは感慨深かったですが、殺さないとマルカルスで家を買えないってのはなんだかなあと思います。もしかして、あの脱獄イベントの前にドルアダッチ要塞をクリアしていたら、マダナックたちを殺さなくて済んだんですかね?

まあしょうがないでしょう。マルカルスは諦めます。

家を買える要塞はまだまだたくさんありますしね。

次回はちょっと東に進んでソリチュードの方に向かいたいと思います。

それではまた次回!

次回 第70回「ツンデレ悪魔www「デイドラの親友」攻略」

前回 第68回「甘い背徳感… ブロークン・タワー要塞攻略!」

第1回 「オープニングからすごいことに…」

第1回~第100回リンクまとめはこちら!

スカイリム・カテゴリーページはこちら!

Twitterはこちら!