【Switch】スカイリム 初心者プレイ日記(57)僕は闇落ちした…。リフテン探索その1

こんにちは、きーたーです!

スカイリム初心者が、事前情報ほとんど無しに攻略を見ずに感想を述べながら初見プレイしていきます(ニンテンドースイッチ版)。

今回は第57回です。

第1回はこちら!

第1回~第100回リンクまとめはこちら!

スカイリム・カテゴリーページはこちら!

Twitterはこちら!

今回はリフテンを初めて探索したいと思います。



リフテン探索その1

前回はまったりと冒険しながらリフテンを目指しました。

第56回「ここで会ったが百年目!リフテンへの道!」

今回はリフテンの中を探索してみようと思います。

ほお、リフテン内部はこんな感じなんですね。奥に橋が見えるなぁ。

「ムジョル、気をつけて。盗賊ギルドの背後にはメイビン・ブラック・ブライアがついてる」

おなじみの勝手に喋りだすNPC達ですね。なにやら揉めている様子。

「彼女がちょいと指を鳴らせば、リフテン監獄行き… いや、もっとひどい目に合うかもしれない」

どうやらメイビン・ブラック・ブライアというのはリフテンの権力者のようですね。首長ではないですよね?

盗賊ギルドとつながってるっていってるから悪い人なんでしょうか。

ムジョルという女性はそういった状況を放っておけないとのこと。リフテンにはなんだか問題がありそうですね。

アエリン「分かってる。ただ、行かないでほしいんだ。だって、あなたがここにいてくれることが、長い間、この街でたったひとつ、素晴らしい事だったんだから」

なんだか恋の香りがしますねえ……///

どうでもいいですが、男がアエリンで女がムジョルっていうのは名前の語感が逆な感じがしませんか?日本人だからだろうけど。

雌ライオンのムジョルwww

なんか面白いwww

訪問者って言ってるから、この人はリフテンの人ではないらしいですね。

盗賊ギルドは互いに裏切ったり無規律なので最悪だとのこと。まあ盗賊ですからね。ちなみに闇の一党というのがいると言ってるんですが、どんな集団なんでしょうか。闇の儀式とかやってるのかな?

リフテンの人たちは街の問題に見て見ぬふりをしているらしいですね。現実でもそんなもんですよ。力がある人が先導しないと大衆は動かないもんです。

この人はどうやらリフテンを救おうとしているらしいですね。そこまでしなければいけないほどリフテンは酷い街なんでしょうか。

メイビン・ブラック・ブライアという人はこの街の悪徳の象徴で、賄賂を送ったり盗賊ギルドとつながったりと数々の不正を働いているようですね。リフテンのメインクエストはここらへんになるのかな?マルカルスではシルバーブラッドがボスだったけど。

ブラック・ブライア一家のインガンは錬金術に夢中の変人で、ヘミングはわがままで、シビは人殺しだと言ってますね。メイビンは彼女と呼ばれているので女性らしい。ろくな子どもたちがいないですねw

ドゥーマーの廃墟でグリムシーバーという剣をなくしたらしい。これはそのうち手に入れることができるんでしょうか。

この街を救って人々から感謝されたり信頼されたりしたいとのこと。つまり名誉が欲しいんですね。

この腐敗した街を救おうとかなり苦労している様子。

ムジョルは瀕死になっていたところをアエリンに助けられたとのこと。それでリフテンの惨状を聞かされ、解決すると決めたらしいですね。

なんちゅーか、この二人にはベタなロマンスを感じますね。ありがちっちゃありがちなんですが、こういうの嫌いじゃないです///

傷ついた女騎士を介抱しているうちにアエリンには恋心が芽生えるが、女騎士は街を救おうと危険の中へ飛び込もうとしている……。

うーん、王道だなあ。

なんかモールというオッサンに話しかけられました。誰だお前!

「おい、教えてやろう。ここには見るべきものなんて何もない」

なんかリフテンは酷い街のようですね。っていうか、ホワイトランがいかに繁栄してるかってことなのかも。あそこには目立った不正が無いし、経済は発展してる様子だし、平和だし。もしかしてバルグルーフってめっちゃ有能なんですかね?

ブラック・ブライアはリフテンを支配下に置いていて、敵に回すと大変なことになるとのこと。メイビンの意向次第で監獄行きになってしまうとアエリンが言ってましたが、ということは衛兵もメイビンの手下ですね。

「そんな代物は盗むしか手に入れる方法はない。あんた、思ったよりもこの辺でうまくやっていけるかもしれないな」

変わった宝石を見せたらこんなことを言われました。

え?wwwなんの事っすかねwwww

この宝石については盗賊ギルドのヴェックスという人に見てもらわなければいけないらしい。

クエスト「草の根分けても」が開始されました。盗賊ギルド関連のクエストでしょうか。

どうやら盗賊ギルドのメンバーになる方向に向かわないと宝石を鑑定してもらえないっぽいですね。

このモールの兄弟のディルジという人も盗賊ギルドで働いてるらしい。だからこの人はいろいろと詳しかったんですね。

盗賊ギルドに入りたいなら市場でブリニョルフという人を探せばいいらしい。

でもどうしようかなあ……。盗賊ギルドに入ったら何かデメリットはあるんだろうか。

メイビン・ブラック・ブライアは相当街の人に恐れられてるみたいですね。何か言われたら従わないと危ないらしい。

「ウィンドヘルムのアベンタス・アレティノって名前の少年が、闇の一党に接触しようとしたって噂は聞いたな」

アベンタスって最初の方にリバーウッドで噂を聞いたことがありますね。闇の一党ってなんなんでしょう。

アベンタスはリフテンの孤児院にいたらしい。どうやらそこも酷い場所のようですね。

「おい。こっちに来い。お前に話がある」

はい、話とはなんでしょう。

モール「それじゃまた」

どっちだよ!!ヽ(`Д´)ノ



リフテン探索その2

なにやら借金がどうのこうのという話をしている人たちがいますね。

この右のシャドルという男が左のサファイアからお金を借りていたけど、積荷が盗まれたとかで返せない状況になってるらしい。

なんかよくわかんないんですが、その積荷を盗んだのはそのサファイアっぽいことを言ってますね。つまりハメられたのかな?

サファイア「いい、シャドル。これで最後よ。返すか、返さないか。私は金だけあればいいの。あとはあなた次第よ」

自分が盗んだと言っておいて金を返せってのもかなり奇妙に思えますが、スカイリムに録音機械とかないでしょうし、サファイアが盗んだと立証するのが難しいってことなんでしょうね。

「誰かに大きな借りがあるんだけど、たぶんだまされたんだ。どうしていいか分からない」

誰かって言ってたり多分って言ってたり不自然なところはあるけど、スカイリムでは細かいところを気にしたら負けです。

サファイアからお金を借りて馬屋と取引をしたけど、注文(?)したものが到着する前に盗まれたということらしい。

なんかその馬屋も怪しいですねえ……。債務不履行なので普通なら賠償責任が生じるところですが……。

よっしゃ!僕がなんとかしてやるぜ!

ここが市場ですね。露天がいっぱい出てる。

おわっ!トカゲ男だ!初めて見た!

伝統的な宝石職人らしいですね。

山賊やらなんやらで宝石の材料を集めるのが大変だから集めてきてほしいと頼まれました。おっけー!

キズのないサファイア2つ、マンモスの牙1つ、金鉱石を1つですね。わかりました。

なんかいろいろ売ってますね。マルカルスやホワイトランにも宝飾品を売ってる店がありますが、何に使うんでしょうか。付呪用?

それとも、宝飾品は売るためにあるもので、その売却先として宝石商がいるってことなんですかね。

ブリニョルフの悪口を言うマデシ。奇跡の治療薬というもので人々から金を巻き上げているらしい。なんの薬だろう。

ホワイトランに戻って金鉱石とマンモスの牙を引き出しておきましょう。

食べ物を売ってるおばちゃんがいました。肉の鮮度を保つには氷の精霊の歯を使うといいらしい。寒い地方なんだから氷を使えばいいんじゃないの?夏の間の話?

氷の精霊の歯を5つ持ってきてほしいと頼まれました。わかりました!



リフテン探索その3

「まともな手段で金を稼いだ事は一度もないんじゃないか、小僧よ?」

ブリニョルフがいました!

なんか不躾なことを言ってますね……。

「金を持っているようだが、その一枚も真っ当に得た物じゃないだろうと言ったんだ。分かるのさ」

いやいやいや!!

めっちゃ薪割りやってましたよ!それで家を買ったんですから!!

「やらなきゃならん仕事があるんだが、手助けが要る」

なにやらクエストを依頼されそうな雰囲気ですね。

ブリニョルフが騒ぎを起こしてる間にマデシの店の下にある金庫から銀の指輪を盗まなきゃいけないらしい。マデシってさっきのトカゲ人間ですよね?

で、指輪を手に入れたらブラン・シェイという人のポケットに入れろとのこと。スリをやるんですね。

「奴に仕事から手を引いてほしい連中がいるんだ。それも永久にな」

つまりブラン・シェイっていう人をハメるわけですね?指輪を盗んだことにしたいと。

盗賊ギルドってこんなことばっかりやってるんだな……。

お、ブリニョルフが演説を始めて人だかりができてますね。今がチャンスってことか。

ここだったかな?

これを開ければいいのか。

おほおww良さそうなブツがいっぱいあるでござるww

頂いていこうwww

銀の指輪はないですね。多分店を間違ったんでしょう。

別の店のところにマデシの銀の指輪がありました。

他のものもついでに盗んでいきましょうwwww

次は指輪を仕込むんですね。

この人がブラン・シェイか。ブリニョルフに気を取られている隙に隠密で近づいてスリをやりましょう。

スリって始めてやりましたけど、こんな感じなんですね。持ち物交換の画面が開くと。

で、これをブラン・シェイの持ち物に移しておくと。「80%で置く」という表示が出てますね。確率で失敗するんだな。

おっしゃ!成功!

「どうやらこの仕事に最適の人間を選べたようだな」

なんか褒められました。

それほどでもwwwwでもなんか盗みってクセになりますねwwww

100ゴールドの報酬をもらいました。

ドラゴンとか巨人とかを退治する報酬と同じですね……。命をかけるって何なんだろう……。

なにやら盗賊ギルドには今問題があるみたいですね。

どうやらブリニョルフは僕を盗賊ギルドに勧誘したい模様。どうしようかなあ……。

「俺の集団の本拠地は、リフテンの下、ラットウェイにある。ラグド・フラゴンって酒場だ」

「生きて辿り着けたら、お前に力があるかどうか見てやろう」

その酒場までいくにはダンジョンがあるっぽいですね。そのうち行ってみましょうか。

え?ww盗みに興味があるとかじゃないよ?www試しに行ってみるだけだよ?www



まとめ

今日はここまで!

今回はリフテンを探索してみましたが、この街は相当荒れてるみたいですね。汚職とか盗みとかが横行してます。盗賊ギルドがあるくらいですから当たり前っちゃ当たり前かもしれないですけどね。

僕が盗賊ギルドに入る流れで話が進んでいる様子……。でも盗賊になるのはなあ……。

次回はさらにリフテンを探索したいと思います。

それではまた次回!

次回 第58回「悪徳の総合商社ですわ!リフテン探索その2」

前回 第56回「ここで会ったが百年目!リフテンへの道!」

第1回 「オープニングからすごいことに…」

第1回~第100回リンクまとめはこちら!

スカイリム・カテゴリーページはこちら!

Twitterはこちら!