スカイリム(Switch) 初心者プレイ日記(126)罠で焼かれるスキーヴァー アラインを始末せよ!

こんにちは、きーたーです!

スカイリム(Skyrim)初心者が、事前情報ほとんど無しに攻略を見ずに感想を述べながら初見プレイしていきます(ニンテンドースイッチ版)。

今回は第126回です。

第1回はこちら!

第1回~第100回リンクまとめはこちら!

スカイリム・カテゴリーページはこちら!

Twitterはこちら!

今回は闇の一党のムイリのクエストをやります。



ムイリの悲しみ

前回は闇の一党でシセロと再会しました。

第125回「元気してた? シセロと再会」

今回は闇の一党のクエストを進めたいと思います。ムイリという人の依頼を受けに行くんでしたね。

ムイリはマルカルスにいるとのことでした。話を聞きに行きましょう。

お、丁度良くムイリがいましたね。家に帰る途中でしょうか。

ムイリ「なぜそんな目で見るの?」

あww顔に出ちゃってました?www

暗殺の依頼を受けに来たんすよw

「闇の一党…ああ!驚いた、本当に来てくれた!黒き聖餐は本当に効果があったのね?」

アレティノの時と同じですね。

第81回「グレロッドを始末!他」

なるほど、たしかに僕はアレティノの依頼を横取りした形になりますね。

「望み?アライン・デュフォンの死よ!アイツを追い詰めて、まるでイヌのように殺してほしいの!」

ワンコ殺しちゃダメだよ!

「会った時は知らなかったの…でも、アラインはカットスロートという集団のリーダーよ。山賊なの」

へえ。山賊団にも名前がついてるんですね。今まで潰してきたやつにもついてたんだろうか。

そいつらはラルドサールというドワーフの遺跡に身を隠しているとのこと。

他の奴はどうでもいいのでとにかくアラインを殺せって言われました。何があったんだろう。

報酬はゴールドですね。おっけー。

もう一つ頼みがあるらしい。

もう一人殺せば報酬を増やしてくれるらしいですね。

ウィンドヘルムのニルシン・シャッター・シールドを殺してくれとのこと。これはオプションですね。

アラインに酒場でナンパされて心を奪われたけど、彼は実はムイリを利用しようとしていただけだったらしい。

アラインはシャッター・シールド家からお金を巻き上げるために、一家の友人であるムイリに近づいて利用したと。で、シャッター・シールド家からムイリが責められてしまったと。

で、なんでニルシンを殺してほしいの?

ニルシンたちはムイリと姉妹同然だったのに、ムイリの無実を信じなかったとのこと。

ムイリはフリガという人が死んで悲しんでいたのに、ゴミのように捨てられたらしい。うーむ。

「ニルシンが死ねば、トヴァは彼女を失ったと実感するでしょう?もしかしたら、私が娘のような存在だったと気づくかも知れない」

「もしも違うなら、自分の涙に溺れてしまえばいい」

なんとも悲しい話。利害のために殺したいんじゃなくて、完全に感情のもつれなんですね。

この人はニルシンたちを憎んでるんじゃないと思います。悲しみをぶつけて、彼らを愛していたことを知ってほしいんじゃないでしょうか。憎しみじゃなくて悲しみ。

なんか毒をもらいました。本当は自分で殺すつもりだったらしい。

ムイリ「奴らに自分達の仕打ちの報いを受けさせてやって…」

自分で殺すのをやめて闇の一党に依頼したのは、かつて姉妹として愛していた人を殺すのが辛いからでは?

頭の中に幸せな思い出が蘇ってきてしまったんでしょうか……。

まあ僕はプロなんでさっさと仕事を済ませますけどね。

シャッター・シールドの家に入りましょう。

この人がニルシンですね。

すまんが仕事なんでね。

さいなら!

ムイリも本当は殺したくなかったんじゃないかね……。



ラルドサールの山賊

じゃ、次はアラインを殺りに行きましょう。ラルドサールっていうドワーフの遺跡でしたね。

途中でアターリング・ヒルズ洞窟というのを発見しました。これも山賊の根城ですかね。

通りすがりなんだけどすまんね!

この上がラルドサールかな?

ラルドサール発見!

見張りは弱いのでサクサク倒していきます。

じゃ、ラルドサールへ入りましょう!

中はこんな感じ。

出てくる山賊を倒していきます。

ちょwww

ドワーフの罠でスキーヴァー焼いてるw

なんとなくアメリカ人っぽい発想ですね。

結構山賊がいっぱいいます。

正直このレベルになると山賊とかあんまり敵じゃないんですよね。

やっぱサルモールの方が強かったかな。

こいつはまあまあ強いな。

くらえっ!

難易度達人の扉がありますね。開錠レベル上げもかねて開けてみましょうか。

上の方に進んでいきます。

宝箱の部屋とかに続いてるわけではなさそう。

あ、アラインがいた。裏口から入ってきちゃったっぽいですね。

アラインと一緒にいたやつをとりあえず始末します。

アライン「なるほど、お前はうるさい神々を味方につけているようだな。誰だか知らんが、ここまでたどり着くとは大したものだ。認めてやろう」

女をたぶらかして悲しませたクズのくせになんか偉そうだな。

アライン「行くぞ」

なんで堂々としてるんだろこの人。

なんか一撃で倒したんですけどw

まあ装備が弱そうですからね。

上等な服を着てますねえ。危ない仕事は手下にやらせてたんでしょうか。

エイジスベインというハンマーを手に入れました。名前がついてるってことは貴重な武器ですよね。

生き残りがいたんで始末!

なんか微妙に迷路みたいになってるな。

ちなみにレバーを引いたらボウガンから矢がでました。こういう構造になってたのね。

ボウガンとレバーが離れてるので狙いをつけるのが難しそうだけど。

まだ生き残りがいたのか。

お、なんかこの先に何かありそう。

あ!ドワーフスフィアだ!

ドワーフの敵がいるってことは、山賊たちはここまで来てなかったっていうことですよね。

つまりここから先はダンジョンになってるのかな。

じゃあついでにラルドサールを攻略しますか!



まとめ

今日はここまで!

今回はムイリの依頼を受けてアラインを始末しました。

なんか殺しの動機が悲しいですよね。ムイリが本当に望んでるのは復讐じゃなくて、シャッター・シールド家がもう一度自分を受け入れてくれることじゃないですかね。

もしかしてニルシンを殺すか殺さないかで展開が変わるかもしれないけど、僕もプロだしねえ……。

暗殺者という仕事が実際にあるとしたら、メンタル強くないとできないかもしれないですね。

次回は、ついでにラルドサールを攻略したいと思います。

それではまた次回!

次回 第127回「死んでも夢を追う!ラルドサール攻略」

前回 第125回「元気してた? シセロと再会」

第1回 「オープニングからすごいことに…」

第1回~第100回リンクまとめはこちら!

スカイリム・カテゴリーページはこちら!

Twitterはこちら!