スカイリム(Switch) 初心者プレイ日記(139)ポテマ、マジ卍! ポテマの地下墓地攻略!

こんにちは、きーたーです!

スカイリム(Skyrim)初心者が、事前情報ほとんど無しに攻略を見ずに感想を述べながら初見プレイしていきます(ニンテンドースイッチ版)。

今回は第139回です。

第1回はこちら!

第1回~第100回リンクまとめはこちら!

スカイリム・カテゴリーページはこちら!

Twitterはこちら!

今回はポテマの地下墓地を攻略します。



ポテマの地下墓地1

前回はリディアと結婚しました!

第138回「僕は○○と結婚します! マーラ聖堂で結婚式」

今回は放置していたポテマのクエストをやりたいと思います。

その前に、妻のリディアとちょっと話してみましょうか。

「うーん、でも…子供がいるでしょ?皆で暮らせる広い家が必要だわ」

ここがその家なんですけども……。

「私達の新居ね。向こうで会いましょう」

向こうってどこよ。この家なんだけど?

ん?どこ行くんだリディア?

一階に降りるリディア。

「すてきな家ね。よかったら、小さな店を始めてもいいかな?あなたが出かけている間に、やりたいの」

到着したらしいw二階から一階に降りただけww

この椅子のところが結婚相手の定位置なのかな?

いろいろ売ってますね。魂石が売ってるのはちょっとありがたい。

関係ないですが、コドラクの部屋にバレンジアの石があるのを発見しました。

じゃ、ポテマのクエストを進めましょうか。スティルという人と話せばいいらしい。

第89回「回復するなああ!ウルフスカル洞窟攻略!」

第91回「ベセスダの陰謀!ブラッドレットの玉座攻略!」

ポテマは昔吸血鬼の将軍が率いる死者の軍隊を招集したらしい。マジでヤバい人だったんだな。

スティルがいました。

「ポテマか…かつてのソリチュードの女王にして、記録に残っている中で一番危険な死霊術師だ」

へえ。死霊術師だったのか。

500年近く前に帝国が崩壊しそうになったのはポテマのせいとのこと。すごいんだなポテマは……。

ポテマは蘇る準備みたいなのをするために地下墓地にいるらしいですね。

で、数日前にそのポテマの手下が地下墓地から出てきて騒動になったってわけですね。僕がその地下墓地に行けばいいのか。

この前のウルフスカル洞窟の騒動に僕が立ち会ったので僕がこの任務に適任だとのこと。なんの関係があるんだろう。

ポテマの遺体を持って帰ってこいと言われましたね。おっけー。

とりあえずポテマを倒せばいいんでしょ?

「皮肉なことだ。もし今日彼女がまだ生きていたら、彼女は唯一のセプティムの血を継ぐものだったのに…今なら、間違いなく彼女が皇帝になれたのだ」

スティルはちょっとポテマに畏敬の念みたいなのを抱いてるっぽいですね。どうやらポテマはタロスの血を引いてるみたいなんですが、唯一ってことは、タロスの血はもうすでに絶えてしまっているんですね。そう考えると天皇家ってすごいよなあ。

じゃ、ポテマの地下墓地へ行きましょう。

中は蜘蛛の巣が張ってますが、あんまり墓地って感じがしない建物ですね。なんか豪華。

どんどん進んでいきましょう。

「やっと来たわね。私を束縛から守ってくれた英雄の帰還よ」

お、これはポテマの声ですね。ウルフスカル洞窟の時のことを覚えてるんですねポテマは。

「感謝すべきことが山ほどあるわ。あなたが死んだら蘇らせて、私のそばに置いてあげる」

そうはいくか!

「すぐに、私に仕えることになるわ」

しかしポテマは声がアエラそっくりですねえ……。すごい偶然だなあ(棒)

柵が開きました。先へ進みましょう。

シセロ「…シセロはお腹が空いた…スイートロールか…ニンジンがほしい…」

かわいいw

なんかドラウグルが出てきたんですがシセロがあっという間に倒しちゃいました。

ナイトロード・ヴァンパイアというのが出てきましたね。

結構敵がうじゃうじゃいる。

召喚までしてくるのか。

シセロがめっちゃゴリゴリ攻撃してくれますね。ダガーだから麻痺が発動しまくるし。強い。

旧ソリチュード墓地の鍵というのをゲット。

じゃあどんどん進みましょう。



ポテマの地下墓地2

ドラウグルは適当に蹴散らします。

火だるまになるシセロ。でもあんまり慌ててない様子。

スタンバってるドラウグルに先制攻撃!

太古の吸血鬼って奴が出てきましたね。吸血鬼の序列ってどうなってるんだろう。

水のところからもドラウグル出現!

ぬわああああああ!!!

この罠はいつもびっくりするなあ……。慣れない……。

どんどん進んでいきます。

おや、なんかレバーが見えますね。

レバーを作動させたら壁が回転し始めました。一瞬だけ穴が空いて通れるタイミングが発生しますね。

この壁が開いた瞬間に旋風の疾走で走り抜ければいいのかな?

ポウ!!

よっしゃ、成功。シセロはそのうち合流してくるでしょう。

じゃ、ポテマの隠れ家というエリアに行きますか。

お、何やら周りが墓地っぽくなってきましたよ。

ドラウグル・デス・ロードですね。敵の強さのグレードが上がった模様。

またレバーがある。

横に吸血鬼がいましたがシセロが勝手に倒してくれました。

このレバーをタイミングよく作動させれば壁が開いた状態で止まるみたいですね。それを3回やればいいのかな。

よし、3つのレバーを作動させました。これで通れますね。

なんか火の玉を放ってくる魂石があったので取っておきました。

吸血鬼のミストウォーカー「よくここまで来たな、定命の者よ、長い旅だったな。ポテマの聖域に入ったんだろう」

え、あんた誰?

「よくわかるよ。彼女の軍隊を再建するためには、大量の新しい死体が必要になるとね」

はあ、なんかよくわかんないですけど。

襲ってきた!なんなの!?

ペラペラ喋ってたけどなんだったんだろう。ポテマ聖域の鍵というのを持ってますね。

すぐそこの扉の鍵でした。

じゃ、ポテマの聖域に行きましょうか。

いきなり敵登場!

シセロはマジで強いですね。猛烈に殴りまくってくれる。

この吸血鬼ダイヤモンド持ってた。やりぃ!

さらに進んでいきます。



ポテマの地下墓地3

スタンバってる敵をあらかじめ攻撃!

なんというか、何もしなくてもシセロ一人でなんとかなってしまいそうな勢い。

うわあ、なにこれ。死体がうじゃうじゃあるんですが。

「そう遠くはないわ。さあ、いらっしゃい。死んで私に仕えるのよ」

おや、ポテマの声ですね。

あ、敵が復活しましたね。死霊術か。

適当にやっつけましょう。

この壁画はポテマですよね。ちょっとカッコいいな。

んん!?

なんか光ってる!!

ポテマ「定命の者が、よくぞここまで。でも最奥議会に立ち向かえるかしら?お手並み拝見ね!」

あのドラゴンボールみたいに浮いてるのがポテマか!?

さっきの死霊術はあそこから発動させてたのかな。

どうやら敵がウジャウジャ出てくる系のボス戦の模様。

ポテマ「喜ぶのはまだ早いわよ、虫けら!」

シセロがどんどん倒してくれますね。

シセロの「死ねぇ!クソ虫ぃ!」っていうボイスが好きw

段々敵の数が多くなってきてますね。

うわあ、もう混戦だなあ。

ん!?

どさくさに紛れてポテマを倒してしまった模様。シセロがやったのか?

おや、今度はポテマの遺体というのが襲ってきましたね。ポテマとポテマの遺体は別なんだろうか。

シセロがめっちゃ突っ込んでいった。これどこから上に登るんだろう。

シセロ「怒らせたらどうなるか、思い知ったか」

モタモタしてたらシセロが倒しちゃったwww早すぎwww

ポテマの頭蓋骨というのがありました。これを持って帰ればいいんですね。

報酬の宝箱はこんな感じ。

ショートカットを抜けて外に出ましょう。

外に宝箱がありました。中身はショボいけど。

スティルにポテマの頭蓋骨を渡します。

ファルク「今日はよくやってくれた。戦争でどちらを支持するかは関係なく、ポテマの件は両社にとってこの土地を破壊するような惨事になっていたかも知れない」

どういたしまして。

ちなみに横のシビルはどう見ても吸血鬼ですよね……。前にツイッターのフォロワーさんに教えてもらったことがあったっけ。

ツイッターはこちら!

「お前がいなければ惨事になっていた。ヴァルニウスの警告にもっと注意を払うべきだったな。同じ間違いは二度としない」

ギリセーフだったってことなのかな。さすが僕!

「この報酬を受け取ってくれ。首長もお礼を言いたいだろうが、このポテマ再来の件は内密にしておきたいと考えておられる」

「間違いなく、お前こそがソリチュードを守ったのだ」

まあな!

ゴールドとソリチュードの盾というのをもらいました。

よっしゃ、とりあえずクエストクリア!



まとめ

今日はここまで!

今回は放置していたポテマのクエストをやってみました。

今回印象的だったのがシセロの強さなんですよね。「ヒャァァァァwwww」とか言いながら敵に突っ込んでいって次々と倒しちゃうんですよ。ダガーと麻痺の付呪の相性もいいんでしょうね。

シセロが強すぎてポテマがどういう敵なのかイマイチわからないまま終わっちゃいましたw

次回も放置していたクエストを消化していきたいと思います。

それではまた次回!

次回 第140回「ソリチュードの新居! ハグズエンド他」

前回 第138回「僕は○○と結婚します! マーラ聖堂で結婚式」

第1回 「オープニングからすごいことに…」

第1回~第100回リンクまとめはこちら!

スカイリム・カテゴリーページはこちら!

Twitterはこちら!