これだけは押さえておきたい!仙台のポピュラーなイベント6選

 

仙台にはさまざまな楽しいイベントがあります。

今回は仙台人の僕が、それら中でポピュラーなものを6つに厳選して紹介したいと思います。

 

仙台七夕まつり

 

仙台七夕まつりは、仙台市を中心に毎年8月6日から8日まで行われている大規模なお祭りです。全国的に有名ですよね。

普通七夕というと7月7日ですが、仙台では8月にお祭りをやるんです。

商店街や家などに飾り付けられる七夕飾りは色とりどりで、とても綺麗なのでいかにも「まつり」という感じ。

特に仙台駅周辺やアーケード街などの七夕飾りはかなり大規模なものになっており、仙台の夏の風物詩となっています。

開催中の仙台駅周辺は本当に人通りが多く、人間の洪水のような様子になります。実際歩きたいようには歩けません。流れに乗ってしか進むことができませんからね。ですから、七夕とか関係なく普通に仙台で買い物をしたい場合などは、この開催期間中は避けるべきかもしれません。

仙台の七夕はあの伊達政宗が奨励したことによって盛んになったという説が有力らしいですが、詳細は不明だとか。伊達政宗が絡んでいるならこれほど大規模で有名な行事になったのも納得です。

ちなみに前日の8月5日には花火大会もあります。仙台七夕花火祭と呼び、1万5000発もの花火が打ち上げられます。

仙台に観光に行きたい方は、この時期を狙うのがいいかもしれませんよ。

 

仙台初売り

 

仙台の初売りは全国的に有名です。

江戸時代からの長い伝統があるので、旧仙台藩領内ではちょっと豪華な景品をつけることが特別に国から認められているんです。普通、景品は法律があるのであまり豪華なものはつけられないのですが、仙台の初売りは例外というわけ。

他の地域の初売りよりもお得感が強いので、通常1月2日からの3日間、仙台は人でごったがえします。

アパレル関係を中心にして安売りや福袋の販売など、さまざまな魅力のある要素が目白押し。

最近ではネットで福袋の予約ができたりしますが、上記のように仙台には特例があるので、未だに人気の行事なのです。

僕も来年2018年の初売りには行こうと思っています。久しぶりなので楽しみです。

 

SENDAI光のページェント

 

仙台の光のページェントは有名です。

定禅寺通りと青葉通りのケヤキ並木におびただしいLEDが取り付けられ、夜になるとその点灯によって非常に美しいイルミネーションが披露されます。

開催期間は毎年12月上旬から31日まで。この記事が公開されたのは12月27日ですから、開催中ですね。

1986年から始まったイベントで、「杜の都」仙台を象徴するために、ケヤキ並木に電飾を施したとか。たしかにこれは良いアイディアです。仙台と言えば緑ですからね。これを始めた人には敬意を払いたいと思います。

冬の風物詩として宮城県民には深く浸透しており、実際冬に市街へ行くと「今年も始まったな」となんだかホッっとした気持ちになるんですよね。

ちなみにウィキペディアによると、海外からも注目されるほどのイベントで、アメリカ・リバーサイド市の「光のフェスティバル」はこの光のページェントに影響されて始まったとか。

仙台人としてちょっと誇らしい気持ちになります。あの美しいイルミネーションには、人の心を打つ何かがあるのかもしれません。

 

定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台

 

通称「ジャズフェス」と呼ばれる仙台のイベント。

毎年9月の第二土曜、日曜に開催されます。前夜祭もあります。

開催中には仙台駅を中心にした市街各地で100か所ほどのステージが設けられ、4000人ものミュージシャンが演奏を披露します(ウィキペディア調べ)。

ジャズに限らず、ロックや民族音楽などの様々な音楽が街中で奏でられるのです。

僕は昔バンドをやっていたほど音楽が好きなので、このイベントは毎年楽しみにしています。

プロ、アマ問わずに出演できるというのもいいですよね。音楽はみんなで楽しむのがいいと思います。

この時期には仙台に音楽が溢れます。音楽が好きな人は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

 

仙台人の多くは楽天イーグルスが大好きです。

僕も中学生の頃野球部だったので当然イーグルスファン。

他県の東北人にとってはさほどでもないと聞いたことがありますが、少なくとも仙台ではとても人気。2013年に日本一になった時は、宮城県中が歓喜に包まれました。

実際、僕は当時新聞配達をしていたのですが、社員の人が購読者の家へ集金に行ったところ、「今いいところなのに来ないでよ!」と怒られてしまったのだとか(笑)

なんといっても、仙台市の日本シリーズの瞬間視聴率が60%を超えましたからね。どれほど仙台人が熱狂したのかわかるというものでしょう。

あの時は本当に盛り上がりました。しょっちゅう勝つので新聞を読むのが毎日楽しみだった……。

田中将大投手はメジャーに行きましたが、仙台人は今でも彼を応援しています。地元の新聞でも田中選手のニュースが紙面を飾ることが多いですしね。

ちなみにあの頃の新聞の号外を僕はまだ保管しています(笑)

ジップロックに入れていたのでまだ綺麗ですね。

僕の祖父は存命中ヤクルトファンだったのですが、生きていればどれだけ喜んだでしょうか。

みなさんもシーズン中は、球場に足を運んでみるのもいいと思います。

あと、Koboスタジアムがまた名称を変更するようですね。「Koboパーク宮城」から「楽天生命パーク宮城」に変わるとか。なんて呼べばいいんだろう……コロコロ名前が変わると不便なんですが……。

 

芋煮会

 

青森県を除く東北各地では「芋煮会」という行事があります。

サトイモを煮た鍋料理をみんなに振る舞って楽しむというもので、毎年秋ごろ、だいたい10月から11月ぐらいにかけて行われます。

これは大々的なイベントというわけではないのですが、東北の文化、生活に深く根付いているものなので紹介させていただきました。

僕も子供の頃はよく芋煮会に参加していました。丁度寒くなってくる時期なので、野外でアツアツの芋煮をハフハフ言いながら食べるのですが、これがとてもおいしい。

町内会などでもよく行われると思います。秋の風物詩として、東北ではポピュラーなものですよ。

 

まとめ

 

1.仙台七夕まつり

人の洪水なので注意。

2.仙台初売り

国に優遇されているのでお得。

3.SENDAI光のページェント

杜の都を象徴する光る木々。

4.定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台

音楽に包まれる天国のような2日間。

5.東北楽天ゴールデンイーグルス

日本一の熱狂が忘れられない。

6.芋煮会

生活に根付いた恒例行事。

 

いかがでしたでしょうか。

仙台に観光に行こうという方、住もうという方、住んでいるけどイベントを良く知らない方などは、とりあえずこの6つの行事を覚えておくといいかもしれません。

他にも魅力的なイベントは数多くあるので、是非足を運んでみてくださいね。

 

生粋の仙台人が教える!仙台の6つの特徴と6つの住むメリット