【レッド・デッド・リデンプション2】実況あとがきプレイ日記(2)アメリカが東西で大きく違っていた時代

どうも!きーたーです!

レッド・デッド・リデンプション2のゲーム実況のあとがきです。

今回は第2回です。

第1回はこちら!

レッド・デッド・リデンプション2カテゴリーページはこちら!

Twitterはこちら!

今回はジョンを探しに出かけました。



動画

 

今回のあらすじ

前回はマイカと合流し、コルムの列車強盗計画の情報を得ました。

第1回「初めての実況でテンパりまくった!」

今回は、ジョンを探しに雪の中へ出かけていきます。

馬の乗り方とか、障害物の乗り越え方、しゃがみ方などのチュートリアルをこなしながらジョンをさがしに行くんですよね。これで結構操作に慣れることができました。

で、ジョンの馬が死んでいるのを発見。銃を撃って合図を送ると、遠くからジョンの声がしました。声の方向へ行くと、大けがをしてうずくまっていうジョンを発見。

お互いに悪態をつきながらジョンを拠点まで連れて行き、とりあえずひと段落、といった感じです。

そこから拠点を自由に動き回れるようになるのですが、仲間達との会話から主人公のアーサー一行が敵から逃げ回っているということがわかります。

それから、前回手に入れた列車強盗計画について、主人公たちは動き始めます。コルムのその計画を奪うつもりのようです。

コルムが潜伏している場所は前回敵から聞き出したので、まずそこを襲撃しようという作戦ですね。

で、数人の仲間を引き連れてコルムのアジトを襲撃します。前回とは比べ物にならないくらい激しい銃撃戦を経て、敵をほぼ全滅させることに成功。

で、銀行強盗の計画書を手に入れ、仲間達の元へ帰ることになりました。

第2回はここで終了です。

詳しくは動画をご覧ください。

動画位置へジャンプ

今回の感想

今回もチュートリアルといった感じでしたが、おもしろかったー。

特にコルムの潜伏先での銃撃戦がやりごたえありました。僕はこういうシューティングをやるのが初めてだったのですが、敵をやっつけた瞬間の爽快感は結構クセになりますねw

あとこのゲームの操作について、正直最初はなんだかモッサリしているような感じがあって「苦手っぽい」と思ってましたが、慣れてくるとリアリティが感じられてなんだか操作するのが楽しくなってきたんですよね。

ストーリーも重厚感があって先が気になります。一行は西から逃げてきて東に向かおうとしているようですが、アーサーが「東は文明社会だぞ」と難色を示していたのが印象的でした。

この時代のアメリカは西と東で文化がまるで違っていたんでしょうね。西は荒くれた開拓者たちがいて、東には洗練された文明人たちがいたってことでしょうか。で、お互いに軽蔑し合っていたと?

これはアメリカの歴史を学ぶのにも良い教材かもしれません。もちろん細かいところまで完璧に史実通りに作りこまれているとは限りませんが、なんにも知らないよりは大分マシではないでしょうか。NHKの大河ドラマを見て日本の歴史を学ぶのがそんなに馬鹿げた方法じゃないのと似たようなものかもしれません。

まだオープニングすら終わってないみたいなのですが、これが終わったら自由に動き回れるようになるという情報を得たので、今からわくわくしています。

次回は列車強盗に行くんでしょうか。また銃撃戦があるといいなあ。



まとめ

今回は前回よりもっと声を張って実況しようと試みましたが、プレイしているうちにどんどん小声に……(笑)

やっぱり狭い部屋で一人きりで喋るっていうのは、無意識に声量が小さくなってしまうっぽいんですよね。

なので、遠くの人に話しかけながらプレイしているようなイメージをしながら実況するのがいいかもしれません。次回はもっと声を張るのが課題です。

ですが、今回は前回よりもテンパらなかったので、そこは進歩したと思います。

こんな感じでだんだん慣れて行くと思うので、次回も是非動画をご覧ください。

それではまた次回!

次回 第3回「アーサーとチャールズのたわむれ」

前回 第1回「初めての実況でテンパりまくった!」

第1回

Twitterはこちら!

レッド・デッド・リデンプション2カテゴリーページはこちら!