【レッド・デッド・リデンプション2】実況あとがきプレイ日記(1)初めての実況でテンパりまくった!

こんにちは、きーたーです!

本日からYoutubeにてゲーム実況動画を始めました。

タイトルはレッド・デッド・リデンプション2です。

生まれて初めての実況なので至らぬ点も多いと思いますが、是非ごらんください!

この記事では、動画のあらすじとあとがきを書きたいと思います。

Twitterはこちら!



今回のあらすじ

舞台は1899年のアメリカ。開拓時代が終わったあたりで、各地のギャングが駆逐されようとしている時代ですね。

で、物語はとある集団が雪山を馬車で移動しているところから始まります。どうやら警察(保安官?)から逃げているみたいで、この人達がギャング団なのだと思われます。

それから放置された廃屋を発見してとりあえず身を隠すのですが、デイビッドという人が死んでしまった模様。戦闘か何かで負傷してしまったんでしょうか。

スカイリムのロキールといい、洋ゲーはオープニングで人が死ぬことが多いんでしょうか……(泣)

スカイリム記事第1回はこちら!

これが主人公のアーサーです。どうも面倒くさがりというか、あんまり勇敢だったり責任感のあるようには見えない言動をするんですよね。ストーリーが進むに従って変わっていくんでしょうか?それとも「けだるそうだけど頼りになる」みたいな、銀さん的キャラなんでしょうか。

で、偵察に出たマイカとジョンという人を探しに行くのですが、マイカと合流すると家屋を見つけたという情報を得ます。物資を得るためその家に行ってみると銃撃戦になるのですが、敵をせん滅すると、そいつらがコルムというギャング団だったということがわかります。

それから敵の生き残りから他のコルムの居場所と、列車強盗の計画を聞き出します。

それで、小屋に住人の女性がいたので保護しました。アドラーという名前なんですが、コルムが家に強盗に入って来て夫が殺され、それまで監禁されていたようです。

この状況からして……そういうことですよね。女性だけ生かされてるっていう。コルム許すまじ……。

それから仲間達の居場所に帰ると、ジョンの奥さんらしき人からジョンを探してきてほしいと頼まれます。

それから、ジョンを探しに出かけるというところで動画の第一回は終了です。

というわけで物語が始まるのですが、詳しくは動画をご覧ください。

動画位置へジャンプ

今回の感想

このゲームをやっての感想なんですが、もう本当に圧倒されっぱなしでした。もはや実写じゃないですかこれ。

昔北米のゲーム開発者たちは本気で映画を越えるつもりで切磋琢磨してたらしいですが、きっと当時は笑われたことでしょう。「ゲームなんかが映画と競うなんておこがましい」みたいなことも言われたと思います。

でも今はもうそれを笑う人はいないんじゃないでしょうか。実写映画を自分で操作しているような感覚なんですよね。他の洋ゲーはほとんど知らないですが、それらもおそらく本作と近いクオリティで発売されてるんでしょうから、本当に時代は変わったものです。

まだ最序盤でオープニングをやっている段階ですが、この時点で神ゲー臭がプンプンしてますもん。早く広大な大地を自由に走り回りたいなあ……。

続きをやるのが楽しみです。

ちなみに前作はプレイしていません。そもそも最近のゲームはそんなにやっていないので、この映像美には興奮しております。



初めてのゲーム実況

生まれて初めて実況動画を作ってみたんですが、めちゃくちゃ緊張しました(笑)

自分以外だれもいない部屋で一人で喋りながらゲームをするというのは未知の体験だったので、上手くいくかどうか不安だったんですね。

なので動画の中では結構テンション低めなんですが、サーセンw

特にこのゲームは吹き替えではなく字幕なので、チュートリアルなどのジャーナルと字幕を同時に読みながらゲームをしながら喋るという曲芸みたいな芸当をしなければいけませんでした。だからプレイ中ずっとテンパってしまったんですよね。

あと録音した自分の声がキモいとか、思ったよりボソボソ喋っているとか、改善点は無限にあると思います。

でも四の五の言わずにやってみる!それが僕の信念です。

やってるうちに慣れてくるでしょうしね。

それと初めて実況動画を編集したので、いろいろとトラブルが発生して今日はめっちゃ忙しかったです(笑)

そのうち効率化するでしょうから、動画のクオリティも上がっていくと思います。

生暖かく見守っていただけると幸いです。

このブログではスカイリムを始めとしてゲームのプレイ日記を投稿してますので、よろしければそちらもご覧ください。

それではまた次回!

次回 第2回「アメリカが東西で大きく違っていた時代」

第1回

Twitterはこちら!

レッド・デッド・リデンプション2カテゴリーページはこちら!