オクトパストラベラー 初見プレイ日記(8)仲間想いの海賊! トレサ編 第1章 後編

こんにちは、きーたーです!

Nintendo Switch用ゲームソフト、オクトパストラベラー(OCTOPATH TRAVELER)を攻略を見ずに感想を述べながら初見プレイしていきます。

攻略を見ない初見プレイですので、本日記での情報は不正確な場合があります。誤りを発見し次第修正をする予定ですが、予めご了承いただけると幸いです。

主人公はサイラスでプレイしています。

今回は第8回です。

第1回はこちら!

オクトパストラベラー記事一覧はこちら!

Twitterはこちら!

今回はトレサ第1章のマイヤ洞窟へ行きます。



マイヤ洞窟

前回はトレサがマイヤ洞窟へ行く経緯が語られました。海賊に略奪された商品を取り返そうとしているとのこと。

第7回「明るく元気な少女! トレサ編 第1章 前編」

今回はマイヤ洞窟へ行って商品を取り返したいと思います。

じゃ、まずはマイヤ洞窟への道へ行きましょう。

トレサは「集金」というコマンドが使えますね。敵から一定確率でお金を奪える技です。どちらかというと盗賊の方が似合いそうな技ですがw

「風よび」という技も使えるようです。風邪属性の技は初めてですね。

マイヤ洞窟まで来ました。謝りに来たフリをしてお詫びの品としてお酒をわたしました。中に眠り草が入ってるんでしたね。

「強い者が弱い者から奪う。それが、世の常識だ」

これは大海賊レオン・バストラルの言葉らしい。それだと生産者がいなくなって社会が崩壊するんですが……。

マック「レオンみてえになりたくて俺たちは海賊になった」

働きたくないだけだろw

子分「親分、親分!」

ミック「おい、親分はおいらだって」

子分「それどころじゃないです。酒がまた手に入りやした!」

それどころじゃないww本音出てるぞww

ミック「乾杯!!」

みんなお酒を飲み始めましたね。アホな奴らだなー。

そろそろ頃合いというトレサ。じゃ、洞窟の中に入りましょうか。

ここがマイヤ洞窟ですね。

「トレサは道中で224リーフを獲得した!」と出てますね。トレサはエリアを移動するとお金が手に入るスキルを持ってるのかな?レベルが上がると金額も増えるんだろうか。

トレサ「あっけないほど上手くいった……」

海賊が寝てますね。とりあえず成功ということか。じゃ、先に進みますか。

洞窟は結構死角が多くて見づらいですね。宝箱をちゃんと回収していかないと。

コウモリみたいな敵がいたので捕獲しておきました。

このヘビみたいな奴も捕まえておきましょう。

捕獲できる数には限りがあって、満杯になったら入れ替える必要があるみたいですね。

お、セーブポイントが近づいてきましたね。

隠れた通路を進んでいったら雷の精霊石が手に入りました。

なんか海賊が眠りながら襲ってきた……。

寝ぼけてるのか?

トレサは槍が武器ですね。でもあんまり攻撃力は高くないっぽい。

お、親分たちも眠ってますね。今のうちに商品を返してもらいましょう。

ミック「……なんだ、お前?」

あ、ミックが起きちゃいましたね。

トレサ「酒樽の回収に来ました」

ほんとだよ!嘘じゃないよ!

ミック「そうか、ご苦労さん」

ふう……。

ミック「マック!起きろ!侵入者だ!!」

ちっ!ごまかせなかったか!

ミック「おいらたちのお宝を狙うやつに容赦はしねえぜ」

トレサ「なにがお宝よ。人から奪っていったくせに」

そうだそうだ!

作り手の想いが込められた品を、求めている人に届けて喜んでもらうのが商人の仕事とのこと。

トレサ「商人の意地に懸けてその品は返してもらうわ!」

芯の通った子だなあ。

マック「世の中の厳しさってものを教えてやるよ!」

知ってるなら働けよw



ボス戦!

ボス戦が始まりました。右がミック、左がマックですね。

サイラスの予習によって、ミックは斧、マックは風が弱点だということがわかりました。

それじゃ、他の弱点を探しながら戦っていきましょうか。

マックは炎も弱点ですね。サイラスは火炎魔法で攻撃しましょうか。

マックは弓も弱点でした。ハンイットはミックにもマックにも両方に物理攻撃が有効ですね。

暴れるという全体攻撃をされました。結構痛い。

トレサが死んだので復活のオリーブで回復しておきます。

ミックは雷も弱点ですね。サイラスはミックとマック両方攻撃できる模様。

海のバーディアンⅢというのが弓の多段攻撃をしてくれますね。弱点なのでマックには結構ダメージが与えられます。

ミックは槍も弱点でした。トレサ編のボスなので配慮されてるんでしょうね。

海のバーディアンⅢが野生に帰っていきました。規定の回数を超えるといなくなるんですね。

おほぉwww

ミックから1600リーフ集金できたでござるぅwww

「相棒は俺が守る!」というのが表示されました。なんでしょう。

あ、ミックがマックをかばいましたね。マックの残りHPが少なくなったら発動する技なんでしょうか。弱点じゃない攻撃を当ててしまうので結構厄介ですね。

ミックを倒したらマックが「よくも相棒を!」という技を発動させました。赤く光ってるので攻撃力とかが上がってそうですね。

ハンイットの会心の矢という技を使ってみました。ダメージが微妙なのでこれだったら魔物をけしかけた方がいいかも。

勝利!!!

強かったけどどっちかというとハンイット編のギサルマの方が恐く感じました。

ミック「こんなガキにやられるとは……。ま、まだ終わりじゃねえぞ?」

往生際が悪いな!

仲間を呼びやがりましたね。

マック「へへ。そんなに甘くはねえんだよ」

こいつらやたらと現実の厳しさを語るけど、だったら働けってw

船長「……そこまでだ」

!?

船長が助けに来た!?

船長「弱者しか相手にできねえ、ひよっ子が世を語るとは笑わせる」

なんかかっこいいこと言ってますね。

ミック「構わねえ、野郎ども!まとめてやっちまえ!」

これはやっちまえない流れ!

おおお!!

船長強い!!

一瞬で複数の敵をやっつけましたね。

ミック「その蒼蛇の長槍……」

マック「その毒蛇のような俊敏さと強さ……」

マック「大海賊レオン・バストラル……!!」

え!?この人海賊王だったの!?

トレサ「せ、船長さんがあの大海賊の……?」

レオン・バストラルっていうのは一般でも有名なんですね。

レオン「……その名は、過去のもんだ。今は、ただの商船船長さ」

ってことは「強い者が弱い者から奪う。それが世の常識だ」って言ったのはこの人なの?

レオン「俺が海の広さってもんを教えてやるぜ、ひよっ子」

かっけぇ!

マック「野郎ども!引き揚げだーーーー!!」

お、逃げるみたいですね。

レオン「やれやれ、逃げ足だけは一人前だな」

礼を言うトレサ。

商品は取り返せたとのこと。

レオンはそろそろこの町から出ていくらしい。

レオン「……ちょいと、俺の船に寄ってかないかい?」

コラ!

子供をナンパしちゃダメよ!



トレサ旅立つ

レオン「どしたい?」

トレサがなにやら浮かない顔をしてますね。

トレサ「信頼できる人間しか、船には上げないって……」

ああ、遠慮してるのね。

レオン「ああそうさ。さあ、上がってくれ」

かっこいいwクールだわw

トレサの勇気を讃えてこの積み荷のなかからどれか1つくれるらしい。なんか豪華そうなものがいっぱいあるけど太っ腹だな。

トレサ「こんなに素敵なもの……タダでもらうなんてできません」

たしかにもらう理由ないもんね。助けてもらったのはトレサの方だし。

父親のオルネオは商人には礼儀が必要だと言ってましたが、トレサはそれをちゃんと守ってるんでしょうね。

レオン「商人だって、たまには言葉に甘えていいだろ?」

固い事言うなというレオン。そこまで言われちゃあね。じゃあ貰っておきましょう。

トレサ「世界には、たくさん宝物が溢れているのね……」

ここで宝物に接したのがきっかけで旅に出るんだろうか。

トレサが絵画みたいなやつに興味を示しましたね。

トレサ「どれも素敵な品ばかりですけど、これは特に……」

トレサ「作り手が……想像できるんです」

トレサ「この作品にかけた想い、それまでの人生……」

トレサ「それが……見えるような気がするんです」

なるへそ。

この絵は「忘れじの恋人」という絵画でバスチャンという画家の遺作らしい。その画家はたくさんの妻をめとったりしたけど、13歳の時に死別した恋人が忘れられなくて絵にしたとのこと。成長したその死んだ恋人を想像して死ぬまでずっと手を加えていたと。

ちょっとモナリザを彷彿とさせる設定ですね。かなりの名画とのこと。

トレサ「へええ……」

トレサは知らなかったんですね。

レオン「知識もなしに目利きしたってのか」

レオン「とんでもない原石かもしれねえな」

トレサの才能に驚くレオン。そんなにすごいのかトレサは。

トレサがもらうものを決めたみたいですね。

大笑いするレオン。

どうやら二束三文のものらしいですね。

昔船に乗せた男の手記で、積み荷に紛れ込んでいたとのこと。

悪いことはいわないから別のにした方がいいというレオン。

実はあの名画を選ばれるんじゃないかとビクビクしてたりしてwww

トレサ「ううん、これがいいんです」

なぜかこの手記に一番惹かれるとのこと。

トレサ「私に何か呼びかけているような……」

この手記を読んだのがきっかけで旅に出るのかな?

レオン「じゃあな、嬢ちゃん。立派な商人になりな」

レオンが港から出航しました。この先でも再登場するんでしょうかね。「嬢ちゃん、立派になったな」みたいな展開を希望。

トレサにはこの手記に自分の運命を変える何かがあるのが見えたらしい。天才の直感ってやつですかね。

じゃ、帰って読んでみましょうか。

手記には大陸中を旅する男の記録が残されていたらしい。トレサは夢中になって読みふけったようですね。

「さあ海の向こうへ漕ぎ出そう」

「大いなる世界がそこに待っている」

これはトレサ編の冒頭での文言ですね。あれは正夢だったのか?

トレサ「……うん、決めた!」

どうやら旅に出ることにしたみたいですね。

前回に僕はさっきの文章を「自己啓発本みたいだ」って書きましたが、本当にそんな感じだった模様。

両親に行商人として世界を旅すると告げるトレサ。

マリーネ「あらあら、何を言い出すのかしら…」

そりゃいきなり言われても困るよね、親は。

ホルネオ「だめだ、だめだ!旅なんて、まだ早すぎる」

ほんとですわ。海賊とか魔物とかが普通にいる世界で子供が一人で旅するって親は絶対許さないでしょ。

トレサ「ううん、もう決めたの」

決めたって言われてもwww

オルネオ「こうなったら、止めても無駄か」

いやいやいやいやwww

マリーネ「ちょっと、あなた……!」

お母さん!もっと言ってやって!

オルネオ「いつかこうなる気はしていたよ。俺の娘だからな」

でもまだ子供だからねえ……。

結局出発することになった模様。

マリーネ「ああ、心配だわ!」

こうなったらサイラスが守るから安心してください!がんばれサイラス!

トレサ「ありがとう、お父さん、お母さん」

トレサ「でもきっと大きくなって帰ってくるから」

変な男につかまるんじゃないぞ……。

トレサ「いってきます!!」

こうしてトレサは旅立つのか。

あの手記は半分までしか書かれていないらしい。

トレサ「ふふ、残りのページはあたしが書いていこう」

トレサ「……待っててね」

この待っててねっていうセリフがよくわからないんですよね。何に対して言ってるんでしょうか。なんかの宝?それともこの手記の筆者に会いたいの?

「――これが、私の旅立ちでした」

「一人前の商人になるための大いなる旅へ」

「名無しの旅人さんの足跡を追いかけて――」

やっぱあの手記の人を探そうとしてるのかなあ。

とりあえずトレサ編第1章クリア!



まとめ

今日はここまで!

今回はマイヤ洞窟をクリアしてトレサが旅に出る経緯を見ていきました。

子供が一人で旅に出るというんで、つい親の方に感情移入してしまったんですが、それは僕が歳をとってしまったせいでしょうか(笑)

僕の場合はサイラスたちが同行してるけど、トレサで始めた人は最初は一人ですもんね。現実で考えたら親としては心配でしょう。

まあそれは置いといて、今のところすべての主人公たちが魅力的に描かれてますね。みんないい奴。やっぱり感情移入しやすいようになってるんでしょう。よくできてるゲームですね。

次回はオルベリクを仲間にするために南下したいと思います。

それではまた次回!

次回 第9回「マモレナカッタ… オルベリク編 第1章 前編」

前回 第7回「明るく元気な少女! トレサ編 第1章 前編」

第1回 「僕はモテたいんだ!サイラス編 第1章 前編」

オクトパストラベラー記事一覧はこちら!

Twitterはこちら!