オクトパストラベラー 初見プレイ日記(17)村長から略奪♪ 第1章の町を探索1

こんにちは、きーたーです!

Nintendo Switch用ゲームソフト、オクトパストラベラー(OCTOPATH TRAVELER)を攻略を見ずに感想を述べながら初見プレイしていきます。

攻略を見ない初見プレイですので、本日記での情報は不正確な場合があります。誤りを発見し次第修正をする予定ですが、予めご了承いただけると幸いです。

主人公はサイラスでプレイしています。

今回は第17回です。

第1回はこちら!

オクトパストラベラー記事一覧はこちら!

Twitterはこちら!

今回は第1章ですでに行った町をいろいろ回ってみます。



シ・ワルキ~フレイムグレース

前回はテリオン編の第1章をクリアしてすべての仲間を揃えました。

第16回「やっぱり執事デカい! テリオン編 第1章 後編」

今までの町を十分に探索していなかったので、今回はそれをやりたいと思います。仲間を全員集めてから探索しないと効率が悪いですからね。

クリアブルックのテリオンがいないと開けられない宝箱を開けてみたら「金鉱石っぽいもの」を手に入れました。金鉱石ではないのか……?似てる鉱物?

シ・ワルキで魔物使いの伝承を調べてるアシランという人がいました。これはサブストーリーですね。覚えておきましょう。

この狩人見習いという人は成人の儀式を受けないといけないらしい。でもなんか気が進まない様子。

その儀式では大牙猪というのを狩らないといけないとのこと。

狩人見習い「とても僕には狩れそうになくて……。ああ、どうしよう……」

じゃあ成人になる資格ないじゃんw

家をとおせんぼしてる人をボコって中に入ります。

ハンイット「上手くいったな」

自分の村だけどそんなことしていいの?w

中でストーンボウをゲット!強盗に慣れてしまっている自分が怖い……。

横にいた少年「宝物を見つけたらね、なくさないようにちゃんとしまっておくんだ!」

すまん、多分それ今頂いちゃったわ。

他の村人からもいろいろと盗んでいきます(悪)。やっぱ装備がねらい目ですよね。

この狩人は昔今の村長と村長の座を争っていたけど惨敗してしまったらしい。でもまだ諦めておらず、その願いを息子に託そうとしているとか。すごい野心家だなあ。

あ!

村人との関係が険悪になりましたね。なにもフィールドコマンドを使えなくなった。

これは酒場に行けば回復してくれるはず。行ってみましょう。

村人との関係を修復してもらう代わりに1000リーフ払わなきゃいけないらしい。まあこのくらいならいいか。

この人は多分さっきの野心家の狩人の息子ですね。父に厳しく育てられて地獄だったとのこと。

「村長の座を奪うという願いを自分に託す父。彼はそれを裏切ることだけを夢見ている」

父親ざまあwww

フレイムグレースで家をとおせんぼしてる女性をボコりましょう。たしかこの人はヒモを養ってるダメンズウォーカーだったはず。

中にいるヒモはシルバーソードというのを持ってますね。女からもらった金で買ったのか!けしからんので貰っておくぞ!

酒場で牢屋の鍵というのを持ってる兵士がいました。この左のマークは多分イベントのアイテムの印なんですよね。とりあえず盗んでおきましょうか。

やべえ……。フレイムグレースで町人との関係を修復するためには5000リーフも必要みたい……。割に合わないな……。

牢屋がありました。囚人が無罪だと主張してますね。人殺しだと間違われたのか?

疑われた男「血だらけで倒れている人がいたから助け起こそうと思っただけなんだ」

ああ、この人は前にこのフレイムグレースで探ってみた女性が目撃した人ですね。その女性は「恐くなったから叫んで逃げ出した」と言ってました。殺したところも見てなかった様子。

まず間違いなくこの人は無実でしょう。

選択肢が出てきました。上に書いた女性から得た「殺人事件の真相」という情報を伝えるか、牢獄の鍵を渡すか選ばなきゃいけないらしい。

なんとなく鍵を渡してみることにしました。

じゃ、出してあげましょう。

事件の日、血だらけの人を抱え起こしたらもう息はなかったとのこと。

で、それを見た人がこの人が殺したと誤解したと。現実でも目撃者の証言はあんまり当てにならないらしいですからね。

弟が結婚するので結婚式に行きたかったらしい。

疑われた男「この恩は忘れない。本当にありがとうな」

一応報酬はもらいましたが、今後他に何かいい事はあるんでしょうか。

サンシェイドから逃げてきた元踊子がいました。

「下劣な支配人の手から逃れ、名を変え今はまったくの別人としてこの町で暮らしている」

これはつまりヘルゲニシュから逃げてきたってことですよね。逃げようと思えば逃げられたんだな。失敗したら殺されてたんだろうけど。

ヘルゲニシュは死んだからもう大丈夫だよ!安心して暮らしたらいい!

聖堂に元剣闘士の男がいました。食堂に愛剣を隠しているらしい。

食堂にヘヴィブレイドというのがありました。

結構強いですね。オルベリクに装備させましょう。



アトラスダム~コブルストン

次はアトラスダムを探索しましょう。

特上の牛乳というのを持ってる人がいたので盗んでおきます。イベントのアイテムでしょうね。

ああ、この料理人が「特上の牛乳」「シンクガニ」「大鶏の卵」を探してるんでしたね。あとの2つもアトラスダムにあるのかな?

「ランドール家執事の手帳」というのを持ってる人がいました。何のイベントのアイテムだろう。

大鶏の卵を持っている少年がいました。子供から盗むのはもう言い訳のしようがない悪事だよね……。

ダメだぞテリオン!全部テリオンのせいね!

酒場でシンクガニを持ってる人もいました。なんでシンクガニを持ち歩いて酒飲んでるんだろう。

じゃあさっきの料理人に3つのアイテムを渡しましょうか。

腕のいい料理人「さあ、これで完成!シンクガニのパイだ!」

カニのパイか。おいしそうだな。

美食家「ほう、良い匂いだ。それを1ついただけるかな?」

なんか美食家が通りかかりましたね。いくら美食家だからってタダでもの食わせろって!

腕のいい料理人「あ、あなたは有名な美食家の!?は、はい、どうぞ」

なんかかなり有名な美食家みたいですね。海原雄山みたいな感じ?

美食家「これは……美味い!美味すぎる!!」

そんなにおいしいんだ。

美食家「これはぜひ、美食家仲間にも広めよう」

おい、パイ食わねえか?

報酬をもらいました。

穏やかな女性という人がいました。

「誰にでも分け隔てなく接するため、多くの異性がついつい彼女に近づいてしまう。無自覚ゆえの行動は様々な揉め事の引き金になり、この付近ではちょっとした有名人になっている」

わあ……男を勘違いさせる系女子だ……厄介だわぁ……。

黄金郷という場所について知りたがっている読書家がいました。

これもサブストーリーですね。それらしき情報とかアイテムとか手に入れたらまた来てみましょう。

王宮にシルバースピアというのを持ってる少年を発見。強そうだけど盗める確率が3%とかですね。何回もロードしまくればいけるんだろうけど、社会人にはその時間が惜しい……。

絵画好きの貴族という人がいました。お気に入りの画家がいるみたいですね。

絵画好きの貴族「ただ、この画家は少し変わっていて、風景画ばかりなんだ」

このゲームは中世ヨーロッパっぽい世界観なので、宗教画が主流なのかもしれませんね。純粋に芸術として絵が描かれるようになるのはもっと後の時代だし。でもトレサ編で一般人の肖像画とかはあったな……。一部ではルネサンスが始まってるのか?

その画家の作品が欲しいとのこと。多分どこかで手に入ると思うので、その時に持ってきてあげましょう。

次はリプルタイドを探索します。

トレサの母親マリーネを探ってみました。

「誰もが振り返るほどの美人であり、いまだにオルネオとは父娘と勘違いされることも多い」

オルネオは名前だけじゃなくて奥さんが美人なところもトルネコと似てますねw

あと母親が美人っていうことはトレサも可愛いんでしょうね。

明るくて正義感が強くて商売の才能もあって顔も可愛いって、トレサは完璧超人だな……。

酒売りの商人がいました。

「しかし本人は下戸なため、酒の味はほとんど知らない」

じゃあなんで酒商人になったの!

家業とかかなあ……。

今度はコブルストンに来ました。とりあえずとおせんぼしてる村長をボコりましょう。

このゲームの村長はボコるものです……。

家の中にウォーランスがありました。いただきぃ!

自警団長が家の前でとおせんぼしてますね。この人もボコっておきましょうか。

こいつ……結構強いぞ……。

ふう、なんとか倒した……。

家の中に団長の剣というのがありました。もーらいっ!



まとめ

今日はここまで!

今回は今まで行った町を探索しながら回ってみました。

基本的には、「探る」と「盗む」をやって回るっていう感じですかね。あと「導く」で強さを確認したりとか。

盗みたいのはやっぱ強い装備なんですが、成功確率がめっちゃ低いんですよね。テリオンのレベルが上がれば確率も上がるんでしょうか?

「探る」でそこらへんの住人の意外な一面が見られるのは凄くおもしろいです。どんな人にも人生はあるんだ……。

次回も引き続き今まで行った町を探索していきたいと思います。

それではまた次回!

次回 第18回「深刻な格差社会 第1章の町を探索2」

前回 第16回「やっぱり執事デカい! テリオン編 第1章 後編」

第1回 「僕はモテたいんだ!サイラス編 第1章 前編」

オクトパストラベラー記事一覧はこちら!

Twitterはこちら!